てんかんとはどんな病気?その疑問にお答えします

てんかんの症状が出た時の対策と応急処置方法

てんかんは規則正しいリズムで活動している大脳の神経細胞が突然に異常な電気信号が発せられることで発作が起こります。
発作は長時間続くものではなく、一時的で繰り返すことが多いです。
発症年齢は乳幼児から高齢者までと幅広い世代で発病します。特に18歳以下までの発病が多いとされています。
てんかんは、不治の病ではありません。長期的治療が必要とされる脳の疾患です。
治療では薬物治療を中心で行う事がほとんどですが、薬物療法で発作を抑えることが出来ない場合には外科的手術を行う選択肢があります。
発作の予防には、医師の指示通りに抗てんかん薬を服用すること、寝不足やストレス、疲労蓄積しないように心がけることが大切です。
発作は患者さん本人だけでなく、家族を含めた周囲も発作時の応急処置方法を知っておく必要があります。
患者さん本人が出来ることは前兆を見極めることです。基本的には発作が起こる前には同じような前兆が見られます。
体温の変化、幻聴、幻視、めまい、異味などが感じられることが多いとされています。少しでも前兆を感じ取ったら安全な場所を確保するか、周囲の人に知らせましょう。
家族を含めた周囲の人は、てんかん発作を起こした人の意識の有無、眼球の向き、四肢の強直、顔色や唇の色などの状態を確認したら、無理に抑えつけたりせずに先ずは落ち着いて見守り、焦らずにてんかん発作を起こしている人の安全確保を行います。
首を絞めつけないように衣服を緩めてあげる。
ストーブなどが傍にある場合は遠くに離す。
痙攣を起こしているときは、下顎に手をあて、上方に押し上げて気道の確保を行います。
嘔吐している場合は窒息しないように拭いてあげましょう。
てんかん発作を起こした時などに危険なストーブや包丁などはエアコンやセラミック製の包丁にするなどの対策をしておくことも大切です。